オフィスレイアウトのデザインはコンセプトが重要

オフィスレイアウトのデザインを行う際には、コンセプトをしっかりと決めることが重要です。

仕事のしやすさを重視するのか、周囲から見たイメージを重視するのかによってもそのデザインは大きく変わるものです。そのため、コンセプトを明確にすることが大切です。



オフィスレイアウトのデザインのコンセプトは、第一に仕事をスムーズに行うことを重視するものです。



これは物品のレイアウトを始めデスクの配置やスペースの確保といった細かい部分に目を向け、仕事をするための日常的な社員の動きがスムーズにできるように配慮するほか、関連部署との連絡が取りやすいようにその位置を近くにするなどの配慮を行うことがポイントです。
第二に、見た目を美しくする方法があります。

最近では道路に面したオフィスの一面をガラス張りとし仕事をしている様子を顧客に見せることで企業のイメージを高め、広告宣伝に匹敵するような宣伝広告効果を生み出そうと言うものです。



中で働いてる社員の中には違和感を感じてしまう人も多い物ですが、このようなレイアウトにすることで企業イメージが向上し顧客が安心して取引できるイメージを生み出すことに成功しています。

オフィスレイアウトに対して神経質になる背景には業務効率の向上と企業の宣伝戦略が絡むことが多いものです。そのため業務の性質や企業のイメージを十分に精査し、これを向上させるようなオフィスレイアウトデザインするとともに、作業の効率を考慮したレイアウトを行うことが大切です。

top